デカンショ節

"テレビ番組”を見て いちゃもん メッセージ
とんがりーぐっず
誰も何も買ってくれなくても稼げるアフイリエイト
麻雀でみんなと楽しく対戦!【ハンゲーム】

FC2ブログランキングブログランキング参加中です。クリックお願いします!!


定年退職した68歳の親父がFXで大成功!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デカンショ節

2008/1/6
"報道2001”をみて いちゃもん メッセージ

番組の終わり頃、竹村氏から、デカンシャ節の話。そういえば、遠いい昔、デカンショ節を聞いたことがある。デカルト、カント、ショーペンハウエルのかしら文字を集めて、デカンショと言ったらしい。それぞれ、高名な哲学学者ということだが、残念ながら無学な、自分には、そういう名前の人がいた程度の理解しかない。哲学といえば、サルトルの実存主義のほうが身近な世代ということかもしれないが・・問題は、今、日本に哲学がない、ということだ。生きていく上で、経済的価値と精神的価値が両輪だと思えるが、今の日本では、経済的、物的価値だけの評価しかなく、精神的価値感が欠落している。煮ても焼いても食えない哲学や、宗教的価値観は、経済効率的スケールで測定できず、デジタル表記できないから、ドンドン排除されきた。人の心の部分は、実に、煮ても焼いても食えない哲学的、あるいは宗教的矛盾そのものと言える。政治家の日本の将来像。経済成長を維持し豊かな日本に、だけでは、玄米生活が白米生活になるよ・・程度の意志にしか聞こえず、説得力のないこと著しい。ここ当分、日本の現状を儚む自殺者は増え続けそう。ねじれ国会、解散総選挙は?ばかりの政治討論も、心に響かなないのは、参加者に哲学的心がないからかもしれない。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/06(日) 09:55:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<士農工商 | ホーム | 偽物、大いに結構>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tonguly.blog27.fc2.com/tb.php/76-40988dc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。